泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 不動産を担保に高齢者への融資が可能になるリバースモーゲージとは?

不動産を担保に高齢者への融資が可能になるリバースモーゲージとは?

≪ 前へ|不動産売却時におけるオープンハウスのメリット・デメリットをご紹介!   記事一覧   木造の建物構造のメリットとデメリットを解説!おすすめの方とは?|次へ ≫

不動産を担保に高齢者への融資が可能になるリバースモーゲージとは?

不動産を担保に高齢者への融資が可能になるリバースモーゲージとは?

65歳になり年金を受給し始めても、その額で十分な生活が送れていないと感じる方は少なくないと言います。
実際に生活を続ける以上老後でもお金はかかります。
そして、不足分を埋めようと借り入れを希望しても、定職に就いていないことや年齢を理由に実現しない場合のほうが多いでしょう。
その際に高齢者が利用できるリバースモーゲージという借り入れ制度について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を担保に借り入れが可能になるリバースモーゲージとは?

リバースモーゲージとは、自宅に住みながらそれを担保にし、金融機関から融資を受けることができるシニアを対象にしたローンのことです。
一般的なローンは、最初に借り入れた資金を月々返済していくという形を取りますが、このローンはそうではありません。
毎月借り入れをして返済額がそれに伴い増えていくものになります。
また返済方法にも特徴があり、契約者が死亡したあとに返済義務が生じます。
契約者が死亡した時点で担保にした不動産を売却し今までの借り入れを一括返済することになります。
リバースモーゲージを利用して借り入れた資金は、用途が投資目的以外であれば自由に使えるというメリットがあります。
たとえば、生活資金や医療費を補ったり完済が終わっていないローンの支払いなどです。
また、生前贈与といった相続対策に活用できることでも注目を集めています。

不動産を担保に借り入れができるリバースモーゲージのメリット

この制度を利用する最大のメリットとは、金銭面での不安が減らせるので老後の生活を充実させることができるという点です。
契約者の生存中は、利息のみを返済すれば良いという決まりなので、毎月の支出に借り入れ資金返済の負担がありません。
また、住み慣れた自宅を手放さずに借り入れができることも魅力の一つでしょう。
そして、計画的にこの制度を活用している方もいます。
自宅の相続を予定しておらず、自身の死亡後に不動産の処分を決めている場合などに、このリバースモーゲージを活用して充実した老後を送るという選択肢があります。

不動産を担保に借り入れができるリバースモーゲージのデメリット

リバースモーゲージを利用すると団体信用生命保険に加入できません。
契約者が不足の事態により死亡した場合には、その時点でこれまで借り入れてきた資金を一括返済しなければなりません。
これには自宅を売却して一括返済をするケースが多く、妻などの同居家族が突然住まいを失うことがあります。
また、担保となる不動産価値の動向で途中返済を迫られる可能性もあり、これがリバースモーゲージの最大のデメリットと言えるでしょう。
利息返済に関しても、変動金利のため市中金利に左右されやすく毎月の返済額にバラつきがあります。

まとめ

リバースモーゲージは老後の生活を充実させるために非常に画期的な制度です。
資金用途も投資以外なら自由に選択することができ相続対策にも活用ができるからです。
しかしながら、メリットばかりでなくデメリットもあり途中返済が必要になることもあるので、利用する前に制度の内容をよく理解することが重要です。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却時におけるオープンハウスのメリット・デメリットをご紹介!   記事一覧   木造の建物構造のメリットとデメリットを解説!おすすめの方とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る