泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 不動産購入する際に知っておきたいサイディングとは?種類や特徴をご紹介!

不動産購入する際に知っておきたいサイディングとは?種類や特徴をご紹介!

≪ 前へ|庭のある一戸建てのメリット・デメリットを解説!   記事一覧   戸建て購入の際に知っておきたいオーニング設備とは?導入のメリットもご紹介|次へ ≫

不動産購入する際に知っておきたいサイディングとは?種類や特徴をご紹介!

不動産購入する際に知っておきたいサイディングとは?種類や特徴をご紹介!

不動産購入を検討する中で、家の外壁は外観の大部分を占めることもあり、デザインにこだわりを持っている方が多いのではないでしょうか。
外壁の建材の1つにサイディングがあります。
ここでは、サイディングとはどのようなものか、そのメリットとデメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入する際に知っておきたいサイディングのメリットとは

サイディングとは外壁に使う建材の一種で、日本ではセメントに繊維質を混ぜた窯業系サイディングが主流であり、不動産購入に際してはぜひ覚えておきたい建材です。
窯業系サイディングのほかにも、金属系サイディング、樹脂系サイディング、木質系サイディングなどの種類があります。
次に、窯業系サイディングのメリットをご紹介します。
まず、デザインのバリエーションが豊富で、タイル調、レンガ調、木目調、石柄とさまざまな柄から好きなものが選べるので思いどおりの外壁に仕上がるでしょう。
ほかの外壁材と比較して、窯業系サイディングは初期費用が安いのがメリットです。
また、現場での施工が簡単なので工期も短く済み、多くの業者で取り扱っているため工事費用の面でも安く済むでしょう。
また、窯業系サイディングは、建築基準法で定められている試験に合格した国が認める不燃材料や純不燃材料であり、防火外壁材と言われるくらい耐火性に優れた外壁材です。

不動産購入する際に知っておきたいサイディングのデメリットとは

サイディングの最大のデメリットはメンテナンスの頻度が高いことです。
およそ10年ごとに大掛かりなメンテナンスが必要で、そのたびに費用がかかるため、メンテナンスコストが高くなります。
不動産購入後に放置してしまうと、ひび割れたり剥がれたりして見栄えが悪くなるだけでなく、劣化する速度が加速するので、こまめなメンテナンスが必要で手間がかかります。
窯業系サイディングは原料がセメントであることから蓄熱しやすいため、家のなかの温度は高くなりやすく、夏場のエアコンの使用頻度が高くなる傾向があります。
ただし、遮熱効果や断熱効果のある塗料を使用することで、家の中なかの温度上昇を防ぐことができます。
また、セメントには防水機能がないため、塗装で防水加工しなければなりません。
防水を維持するためには、こまめに塗装し直す必要があります。
初期費用が安いサイディングですが、こまめなメンテナンスが必要なので、費用がかかることを心得ておきましょう。

まとめ

サイディングとは、家の外壁に使われる建材の一種で、日本ではセメントに繊維質を混ぜた窯業系サイディングが主流になっています。
サイディングはメンテナンスに手間や費用がかかる反面、初期費用が安くデザイン豊富で、耐火性にも優れています。
不動産購入の際の、外壁材選びの参考にしてみてください。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|庭のある一戸建てのメリット・デメリットを解説!   記事一覧   戸建て購入の際に知っておきたいオーニング設備とは?導入のメリットもご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る