泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 不動産投資と株式投資の仕組みやメリット・デメリットを比較してご紹介

不動産投資と株式投資の仕組みやメリット・デメリットを比較してご紹介

≪ 前へ|住宅購入におけるオーバーローンとは?メリットとデメリットを解説   記事一覧   不動産売却において注文住宅の売却は不利?建売との違いや売却のポイント|次へ ≫

不動産投資と株式投資の仕組みやメリット・デメリットを比較してご紹介

不動産投資と株式投資の仕組みやメリット・デメリットを比較してご紹介

近年、資産を増やすために投資を始める方が増加しています。
必要な知識がなければ、どの投資が自分に向いているか分かりません。
投資は、その特徴やメリット・デメリットを理解したうえで始めることが重要です。
そこで今回は、不動産投資と株式投資の特徴やメリット・デメリットの比較、株式投資をおすすめできる人の特徴をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

投資の比較における不動産投資の仕組みやメリット・デメリットとは?

不動産投資とは、所有している不動産を利用して収益を得る投資方法です。
収益を得る仕組みには、賃貸物件を所有し家賃収入を得る方法と不動産自体を売買して価格差益を得る方法がありますが、家賃収益を選ぶ方が多い傾向があります。
不動産投資の最大のメリットは、株価よりも変動が少なく安定した収入を得られることです。
賃貸物件からの家賃収入は毎月得られるので、副業として投資している方が多くいらっしゃいます。
また、小さな元手で大きく資産形成ができることもメリットの1つです。
不動産投資ローンを利用すれば、不動産購入価格の10%程度で投資を始められます。
この仕組みを利用することで、元手の10倍以上もの取引ができ、より収益性の高い不動産を購入できるのです。
ただし、不動産投資には空室リスクや災害リスク、室内での自殺や病死などのデメリットがあることも忘れてはいけません。
また、株式とは異なり、維持・管理するための費用がかかるという点もデメリットであると言えるでしょう。

投資の比較における株式投資の仕組みやメリット・デメリットとは?

株式投資は、株式の売買による売買差益を得るキャピタルゲインによる投資方法と、株式を保有していることによって得られる収益(利息や配当等)を得るインカムゲインによる投資方法があります。
株式投資の最大のメリットは、分散投資しやすいことです。
最近は日本株でも1株から購入できる証券会社が増え気軽に低資金から株を購入でき、投資先を複数に分けやすく、不動産投資よりもリスクを抑えやすい特徴があります。
しかし、元本割れのリスクが高いことは大きなデメリットなので、注意が必要です。
株は銘柄によっては1日でも値動き幅が大きく、短期間でも大きな利益を得られる可能性がある一方で、投資先の会社が業績悪化や不祥事発覚などで株価急落する可能性や、投資家達の心理面で株価が大きく変動するリスクがあるため、メリットとデメリットを理解したうえで始めましょう。

さまざまな投資の比較で考えたい!株式投資がおすすめの人とは?

株式投資がおすすめの人は、株価急落時も慌てず多少の損失が発生しても動じない方です。
また、リスクを覚悟して高収益を狙いたい人にも、株式投資がおすすめです。
銘柄によっては流動性が高く、高い収益を目指せることも株式投資の魅力といえるでしょう。

まとめ

不動産投資は、安定した収益を得られやすいという魅力がある一方で、株式投資には、短期間で収益を得られやすいメリットがあります。
それぞれのメリット・デメリットを比較しつつ、投資先を決めることが大切です。
投資に興味のある方は、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|住宅購入におけるオーバーローンとは?メリットとデメリットを解説   記事一覧   不動産売却において注文住宅の売却は不利?建売との違いや売却のポイント|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る