泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 戸建ての2階リビングってどうなの?メリット・デメリットを解説

戸建ての2階リビングってどうなの?メリット・デメリットを解説

≪ 前へ|不動産売却の公簿売買とそのトラブルについて   記事一覧   不動産売却時におけるオープンハウスのメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

戸建ての2階リビングってどうなの?メリット・デメリットを解説

戸建ての2階リビングってどうなの?メリット・デメリットを解説

「いよいよ戸建てを建てる」となったときに気になる間取り。
なかでもリビングは家族が一番長い時間を過ごす場所なので、快適にしたいですよね。
最近では2階にリビングを配置する間取りも増えてきました。
「2階リビングってどうなの?」そんな疑問にお答えするために2階リビングのメリットとデメリットをまとめました。
リビングを1階か2階で迷っている方はぜひチェックしてくださいね。

弊社へのお問い合わせはこちら

2階にリビングがあるメリットとは

良好な眺望

2階リビングにすることでリビングからの眺めがよくなることがメリットです。
1階リビングでは隣の家しか見えないなんてこともありますが、2階にすることで空が広く見えるようになります。

採光が良い

リビングの日当たりが良くなるのはメリットです。
1階のリビングに比べて2階リビングのほうが太陽光が入るようになります。

プライバシー性が高い

1階リビングでは、道路に面している物件の場合、通行人の視線が気になります。
2階リビングにすることで、通行人や隣人の視線を気にする必要がなくプライバシーを守れるのがメリットです。

耐震性が良くなる

リビングはできるだけ壁や柱をなくし広く作られることが多いです。
2階リビングであれば、1階に寝室や子ども部屋など個室を作ることで、壁が増えます。
1階に構造材が多いほうが建物の耐震性は増しますので、2階リビングのメリットになります。

2階にリビングがあるデメリットとは

階段の上り下りが多くなる

リビングを2階に設置した場合、多くはキッチンも2階に設置することになります。
買い物にいった際に、買ってきた荷物を毎回2階まで階段で運ぶことになります。
また、来客時に1階の玄関まで行くなど階段の上り下りが1階リビングより増えることが考えられます。
できるだけ緩やかな階段を設計するなどの対処が必要になってきます。

暑くなりやすい

2階リビングは日当たりに優れていますが、1階に比べると暑くなりやすいです。
とくに夏の暑い時期には影響があります。
2階リビングにする場合は、風通しを意識したり断熱効果の高い屋根の設置をするなどの対処が必要となります。

大型家電の搬入が大変

2階リビングの場合、キッチンも2階の場合が多いですが冷蔵庫などの大型家電を搬入する際には注意が必要です。
階段で運べるかどうかの確認や、階段が無理な場合に2階バルコニーから搬入可能かどうかなどの確認が必要になります。

まとめ

2階リビングのメリットとデメリットを解説しました。
2階リビングのメリット・デメリットを考慮して、どちらが良いのか決めることが大切です。 2階リビングも検討していただき、ぜひお家作りをたのしんでください。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却の公簿売買とそのトラブルについて   記事一覧   不動産売却時におけるオープンハウスのメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る