泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 不動産売却における選択肢のひとつリースバックとは?概要やメリットを解説!

不動産売却における選択肢のひとつリースバックとは?概要やメリットを解説!

≪ 前へ|戸建て購入の際に知っておきたいオーニング設備とは?導入のメリットもご紹介   記事一覧   土地購入をするなら知っておきたい!登記内容や調査の仕方を解説|次へ ≫

不動産売却における選択肢のひとつリースバックとは?概要やメリットを解説!

不動産売却における選択肢のひとつリースバックとは?概要やメリットを解説!

今回は、不動産売却を検討している方のために、不動産売却における選択肢のひとつである「リースバック」について解説します。
リースバックとはどういうものなのか、リースバックを利用することにはどんなメリットやデメリットがあるのかなどを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却における選択肢「リースバック」の概要とは?

リースバックとは、簡単にいえば「不動産を売却してまとまった資金を手に入れつつ、売却した物件に家賃を支払って住む」というものです。
リースバック運営会社が不動産の買主となり、売主に売却代金を一括で支払います。
そして買主と売主の間で賃貸借契約をかわし、売主は家賃を支払いながら、売却したうえに住み続けるという仕組みです。
「住宅ローンの支払いが厳しいので売却して楽になりたいが、できれば今の家に住み続けたい」という方にはありがたい仕組みといえますね。
ちなみにこのリースバックと混同されがちな仕組みとしてリバースモーゲージが挙げられますが、こちらは「自宅に住みながら、その自宅を担保にして生活資金を借り入れする」というものです。

不動産売却においてリースバックを選ぶメリットとは?

不動産売却においてリースバックをすることのおもなメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

●まとまった売却資金を手にしつつ、今まで住み慣れた家に住み続けることができる
●近所に「家を売った」ということがバレない
●固定資産税や修繕費などの維持費負担がかからない
●資産価値の下落や火災・自然災害リスクなど「家を所有することによって発生するリスク」からも逃れられる

不動産売却においてリースバックを選ぶデメリットとは?

不動産売却においてリースバックをすることのおもなデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

●売却価格は市場の相場よりも安くなってしまう
●いくら「ずっと住み続けた家」といっても、リースバックをした以上は賃貸物件という扱いなので、リフォームや建て替えを自分の意思ではおこなえない
●リースバックの多くは賃貸契約期間が定められている「定期借家契約」であり、この期限を迎えて再契約ができていなければ住み続けることもできなくなる

まとめ

今回は、不動産売却における選択肢のひとつであるリースバックについて、その概要やメリット・デメリットを解説しました。
売却代金を手にしつつ今の家に住み続けられるというのは大きな魅力ですが、売却代金の安さをはじめとしたデメリットもいくつかありますので、リースバックを利用するかどうかは慎重に検討しましょう。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|戸建て購入の際に知っておきたいオーニング設備とは?導入のメリットもご紹介   記事一覧   土地購入をするなら知っておきたい!登記内容や調査の仕方を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る