泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 購入するならスマートハウス?人と環境に優しい住宅を考える

購入するならスマートハウス?人と環境に優しい住宅を考える

≪ 前へ|不動産売却で火災保険解約手続きのタイミングや修繕などについて解説   記事一覧   不動産売却にともなう確定申告について解説!|次へ ≫

購入するならスマートハウス?人と環境に優しい住宅を考える

購入するならスマートハウス?人と環境に優しい住宅を考える

夢のマイホームに何を求めるか、住みやすい間取りや使いやすい家電なども含め、もっと大きく家そのもののシステムに焦点を当ててみませんか?
今注目されているスマートハウスについて、どんな住宅なのか、必要な費用はいくらか、どんなメリットがあるかなどをわかりやすく解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

人と環境に優しい住宅を購入!スマートハウスとは?

スマートハウスとは、ITテクノロジーを駆使して住宅内のエネルギー消費を最適化し、省エネやCO2削減効果を狙った住宅のことを意味します。
この中核を担うのがHEMSと呼ばれる機器で、太陽光発電などで作り出したエネルギーを住宅内で無駄なく使う司令塔の役割を果たしてくれます。
従来の住宅とは違い、災害でライフラインが停止した際にも家電を使え、太陽光発電や電気自動車、大容量蓄電池などの環境に配慮した家電との相性が良く、政府は普及に向けて力を注いでいます。

スマートハウスを購入するのに必要な費用

いざ購入する場合にかかる初期費用は、太陽光発電や蓄電設備やHEMSなどの購入・設置費用が主な項目です。
必要設備の中ではソーラーパネルが高額で、数百万を超える場合もあり、決して安くはない金額がかかるうえに、各設備のメンテナンスも定期的におこなう費用も考慮する必要があります。
物件の坪単価は60〜70万円と、オール電化住宅とほぼ同等の価格帯なのですが、ローコスト住宅に絞った場合は坪単価50万円ほどに抑えることも可能です。
お住まいの住宅をスマートハウスにリフォームする場合は、350〜450万円ほどの価格が費用の目安となるでしょう。

スマートハウス購入で受けられるメリット

暮らしを便利にしてくれるスマートハウスには、どんなメリットがあるのか、代表的なものをまとめました。

●エネルギー消費の最適化
●エネルギーの使用状況の把握
●外出先から家電を操作
●災害時に強い蓄電システム


スマートハウスの最大のメリットは、HEMSによるエネルギー消費の最適化による光熱費の削減です。
自家発電によってエネルギーを作り出し、すぐに使わない分は蓄えておくことが可能で、無駄なくエネルギーを消費することができます。
また、どれだけのエネルギーを作り出して消費しているか、ひと目で把握できることから、さらなる節約も可能となります。
災害時には蓄電池や電気自動車に蓄えたエネルギーを使って家電を動かすことができるのも、災害の多い日本で頼りになる存在です。

まとめ

環境問題は遠い未来の話ではなく、今現在も進行している問題であり、今の私達の暮らしもいつかは大きく変化しなければならない時が訪れます。
日々の暮らしを快適にし、災害に強い発電システムを備えた住宅をお考えならば、スマートハウスの購入を検討してみてはいかがでしょうか。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に当社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産売却で火災保険解約手続きのタイミングや修繕などについて解説   記事一覧   不動産売却にともなう確定申告について解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る