泉州エリアの不動産売却・買取|泉州不動産.com > 株式会社ハウスパートナーの不動産売却コラム記事一覧 > 不動産投資で融資を受けるときの流れや条件とは?金利についても解説!

不動産投資で融資を受けるときの流れや条件とは?金利についても解説!

≪ 前へ|土地売却での税金を抑える控除や特例とは?利用時の注意点もご紹介!   記事一覧   不動産売却時における「インスペクション」とは?メリットや費用もご紹介|次へ ≫

不動産投資で融資を受けるときの流れや条件とは?金利についても解説!

不動産投資で融資を受けるときの流れや条件とは?金利についても解説!

不動産投資を始めるにあたって、金融機関から融資を受ける方がほとんどだと思います。
スムーズに融資を受けられるよう、不動産投資ローンについて事前に確認しておくのがおすすめです。
今回は、不動産投資で融資を受ける際の流れや条件、融資を受けるうえで重要なポイントとなる金利について解説しましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資で融資を受ける際の流れ 

不動産投資で融資を受けるためには、いくつかのステップがあります。
まず、融資を依頼したい金融機関に融資が可能かを相談し、事前審査を受けることが必要です。
事前審査を通過し、本審査の申し込みが可能と判断されたら、本審査に必要な書類を用意します。
このとき、物件に関する資料と融資を受ける本人に関する資料が必要になるため、しっかり確認しておきましょう。
書類がそろったら申し込み手続きをし、審査が開始されるという流れです。
本審査に通過すれば融資を受けることが可能になるため、契約の手続きへと進み、融資が実行されたら物件を購入します。

不動産投資の融資を受けるための条件は? 

不動産投資ローンの審査基準は住宅ローンよりも厳しくなっています。
理由は、不動産投資では物件に空室が出て家賃収入が減るなどのリスクがあるため、ローンの返済にも影響が出る可能性が高いからです。
不動産投資ローンでは、融資を受ける人の信用度が厳しくチェックされます。
年収・雇用形態・勤続年数で収入の安定性を判断するほか、預貯金の多さも重要なポイントです。
収入の安定した職に就いている人や預貯金を多く持っている人ほど、金融機関からの評価は高くなります。
もちろん、投資しようとしている物件に担保としての価値があるか、収益性が見込めるかも重視されるでしょう。

不動産投資ローンの金利について 

不動産投資ローンを受けるにあたって、金利について確認しておきましょう。
ローンの金利には固定金利と変動金利があり、どちらを選ぶかはそれぞれのメリットとデメリットを比較して決めることが大切です。
固定金利は全期間固定金利のほかに3年・5年・10年というように固定金利期間を選べるものもあります。
支払い額が事前に確定するので資金計画を立てやすいのはメリットですが、変動金利に比べて金利が高いので注意が必要です。
変動金利とは金融政策や経済動向などによって金利が変化するもので、契約時の金利は固定金利より安いというメリットがあります。
しかし、金利の恩恵を受けにくいという点はデメリットになるため、慎重に検討したほうが良いでしょう。

まとめ

不動産投資で融資を受ける際には、金融機関に申し込む際の流れや審査にとおるための条件を事前に確認しておくのがおすすめです。
また、固定金利と変動金利のどちらを選ぶかは重要なポイントになるため、メリットとデメリットをしっかり比較しておきましょう。
センチュリー21ハウスパートナーでは、岸和田・貝塚・泉大津、泉州地域での不動産をご紹介しています。
住まい探しでなにかお困りでしたら、お気軽に弊社までご相談ください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|土地売却での税金を抑える控除や特例とは?利用時の注意点もご紹介!   記事一覧   不動産売却時における「インスペクション」とは?メリットや費用もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る